エチラーム

デパスならジェネリックのエチラームが人気です

エチラームについて

 

エチラームはデパスのジェネリックになります。

 

デパス(エチラーム)は軽度の精神的な疲労から来る様々な症状を改善してくれるとても便利なお薬です。

 

精神的な疲労が元で出てくる症状は多岐に渡り、肩こり、めまい、頭痛、筋肉痛、不眠など例を出したらきりがありません。
またこのような諸症状に悩まされ、原因が特定できずに苦労している方が大勢います。

 

私もその一人で、耳鳴りが取れずに何年も苦労しました。

エチラーム

 

耳鼻科に行ったり、循環器にいったり、検査をしたりといろいろしましたが耳鳴りは全く改善されることなく、最後には医者に慣れる事を進められ溜息をついた事を鮮明に覚えています。

 

その後、首の筋肉痛が出てきて整形に行ったところデパスを処方してくれました。

 

そのデパスを服用して、30分程で何年も悩まされて耳鳴りが改善されました!

 

その時は信じられない程の効果に驚きと喜びの交差した複雑な感覚になったこと覚えています。

 

それからは、耳鳴りの原因が精神的な疲労から来ている事を身を持って理解しましたので耳鳴りが始まるとデパスを服用する事で以後耳鳴りに悩まされる事はありませんでした。

 

このようにデパスは今までどの科に行ってもなかなか治す事が出来なかった症状を改善してくれる効果が期待できます。

 

勘違いをしてはいけませんので正確に言いますと、デパス(エチラーム)あくまでも精神的なストレスなどによる疲労が原因で出ている症状に対してノミ効果が期待できます。

 

肉体的に問題がある場合には全く効果はありませんので、検査の必要はあります。

 

デパス(エチラーム)依存

 

とても便利なお薬のデパス(エチラーム)ですが、常用してしまいますとやはり効き目が悪くなってしまいます。

 

どんな薬でも同様ですが、長く服用するほど体はその薬の影響を受けないように変化していきますので効き目が下がってしまいます。

 

高血圧や糖尿病などの成人病の場合には、薬の服用を続けませんと命に係わる問題になってしまいますので、このタイプの薬は常用しても大丈夫様に副作用が出にくく改良してあります。

エチラーム

 

デパス(エチラーム)はとても効果が早く出て服用後30分もしますと効果を感じる事ができます。

 

また効果の持続時間も6時間ほどの短時間で体外に排出されてしまいますので、あまり副作用が出にくい薬なのですが常用してしまいますと、1錠では効き目が悪くなり2錠にしてしまう人もいます。

 

くすりの服用量が多くなるほどあまり出なかった副作用の確率も高くなってしまいますので注意が必要です。

 

特にデパス(エチラーム)は効き目がいい薬ですのでついつい便利に服用してしまう傾向があります。

 

デパスは依存症になりやすい傾向にある薬ですので、最低限の量で最大限の効果を得る様に必要な分だけ使用して、症状が改善したら服用を中止するよにしましょう。

 

デパス(エチラーム)は使い過ぎに注意をして使用すればとても安全で効果の高いお薬ですのでその点を良く理解して使用する事をお勧めします。

 

精神病

 

精神病と聞きますと何となく頭の狂った人を想像してしまいますが、どんな人でも多かれ少なかれ精神病にはなっています。

 

いやいや俺は違う何て思っている人はストレスを溜めこんでしまう可能性のある人ですので注意が必要です。

 

人の精神力は思った以上に脆いものです。

 

日本では戦時中に精神論が盛んに言われ精神を鍛える事を強いられるケースが多くありました。

エチラーム

 

ですが人の体はある一定以上のストレスを超えますと、体を守るためにそれを遮断しようと自然に脳が働き始めます。

 

嫌な事が多くなりますと、やる気をなくして嫌な事をしないように脳が体全体に命令を出すのです。

 

日本人が昔言っていた精神論の結果できあがるものは強い精神力ではなく、脳がそれ以上のストレスを体に与えないように、物事に鈍感にする事で大きな変化が自分の回りで起きても反応しなくなります。

 

このような状態になった人はやはり機敏な反応ができなくなり、結果として体を壊してしまいます。

 

今日のストレス社会では、全くストレスを感じる事なく生活をする事はもはや不可能になっています。

 

1人になりたくても、GPSで位置が分かってしまい携帯にお構いなしに連絡が入ってしまいます。ラインが入って既読になっても返事をしないものなら、すぐに相手から不満が出てきます。(既読無視と、、、)

 

日本ではこのような事による軽い精神病に対してのケアーが全くなされていません。

 

海外では、プロのスポーツ選手なら必ずメンタルトレーニングを専門に付けて、自分自身の精神的な部分を常にいい状態に保つ努力をしています。

 

その点まだ日本にはメンタルケアーなどの言葉を聞く機会はとても少なく、精神がもろいものであることに気が付いていない人が大勢います。

 

精神的な事から来る症状は早期に気が付いて治すほど傷は浅く短い時間で治す事ができます。

 

ですが、そのような事をする場合が日本社会には存在していませんので、何となくやる気が無い人を見ると、怠けていると思ってしまいます。

 

そんな時に早期に服用する事で早期に心の風邪を解決してくれるクスリがデパス(エチラーム)になります。

 

 

メランコリー型と新型うつ病

 

最近では従来のうつ病と少し感覚が違う新型うつ病になる人も多くいるようです。

 

メランコリー型は、良く言われるところのうつ病で「やる気が起きない」「夜眠れない」「夜すぐに目が覚めてしまう」「体が鉛のように重い」「どうしても集中できない」などの症状が継続して起きています。

 

このタイプの精神的なダメージは早期に治療を始める事で回復が早く、又上記の様な症状が続きますので自分でも自覚しやすいのが特徴です。

 

一方、新型うつ病は上記の様な症状は同じなのですが、状況によって変化してしまいます。

 

自分が苦手としている状況に入りますとうつ状態になってしまい、自分が好きでやる事に対しては全くうつの状態にならず楽しむ事ができます。

 

エチラーム

 

このタイプの新型うつ病はなかなか自分でも他の方でもうつ病である事に気が付かず。単なる自分の好きな事は一生懸命やつが嫌な事は全然や気の無い怠け者と見られてしまいます。

 

自分自身も背後にうつ病の存在がいる事に気が付かず、自身も怠け癖が合って困ってしまう状態になります。

 

嫌な事になりますと、何とかやり遂げないといけないと言う心境になり頑張って無理をするため更に症状は悪化の一途をたどってしまいます。

 

最近ではこのようなうつ病になる人が多くなかなかそれがうつ病が原因であることでに気が付かないために、症状が悪化して気が付いた時にはなかなか治らない状態に酷いうつ病になって、治療に何年も掛かる事になっています。

 

通常のうつ病ですと何もかも面倒になるので周りの人も気が付いてくれるのですが、新型はそのようになりません。

 

ですので、このようなタイプのうつ病が現在は存在しているのだと言う知識が必要になってきます。

 

知っていることで防ぐことができますが、知りませんの魔のスパイラルに入ってしまいます。

 

この記事を見て、そのようなうつ病が存在する事を知って、自身あるいあ、回りの人にそのような状況が見受けられましたら是非知らせてあげて下さい。

 

早期ですと、デパス(エチラーム)がかなり良く効きます。

 

精神的ストレスの違い

 

現社会ではストレスを回避する事はます不可能です。

 

ですので、基本的には上手にストレスを緩和していく作業が必要になります。

 

ストレスはその状態によって3つのタイプに分ける事ができます。

 

交感神経が活性化する事による疲労

 

人はストレスを受けますと、そのストレスに体が対応できるように交感神経が活性化してきます。

 

交感神経が活性化してきますと、脳にはアドレナリンができ筋肉には十分に血液が送られ、消化運動を停止します。

 

このようにいつでも体が対応できる状態を自然に作ってしまいます。

 

このために起きる弊害として過度の緊張による睡眠障害など体に変化が出てきてしまいます。

 

また消化機能が低下しますので、食欲が落ち体重も減ってきます。

 

ストレスの慢性化が原因の疲労

 

ストレスが長続きますと、症状は更に悪化していき鬱状態になったり眠れない集中できないなどの症状が多発してきます。

 

また過食になったり便秘になったり、頭痛がしたりといろんな部分に症状がでてきまず。

 

交感神経の限界による疲労

 

上記の様な疲労が長く続きますと、交感神経の対応もやがて限界を迎え働かなくなってしまします。

 

このようになりますと、自律神経失調症などの病気になってしまいます。

 

このような状況になりますと、ストレスがなくなったにも関わらず、その症状は治まる事が無く続いてしまいます。

 

まとめ

 

ストレスに対する人間の対応は上記なような事をしながらなんとか対応してます。

 

ストレスはやはり溜めない事が大切です。

 

ストレスの解消方法としては、自分が普段している事でとても楽しい事をいくつか持つ事が大切です。

 

その時のストレスの状態に合わせて、それに対応できるストレスの解消法を使う事で上手にストレスから解放されるようになります。

 

このようなストレスの解消法を「コーピング」などと呼んでいます。

 

沢山のストレスに対応できる自分なりの楽しい事を多く持つ事でストレスが加わった時にそれに対応できるストレスの解消法を手当てする事で上手くストレスを解消していきましょう。

 

マイインドフルネス

 

最近アメリカの方でストレスを解消する方法として「マインドフルネス」と言う方法が取られています。

 

この方法を使用しますと、ストレスを解消できるだけでなく集中力をアップする事が出来る様になります。

 

日本の仏教では良く座禅や瞑想に入る行為をしますが、その考え方に良く似ています。

 

だからと言って、宗教色の多い行為ではありません。

 

マインドフルネスは何処でも簡単にする事ができます。

 

最初はなかなかマインドフルネスの状態になった事を意識するのは難しいと思いますが、同じ事を反復する事で簡単に出来る様になります。

 

この方法を習得する事で、ストレスを解消する事が可能になり、実際にアメリカでの実験では効果が立証されています。

 

よくとてもお気にいりのドラマなどを見ていますと、そのドラマに集中してしまい、全くそれ以外の事が気にならなくなった経験は誰でもお持ちだとおもいます。

 

このような状態を意識的に作る練習をすることで快適なストレスを感じない生活を送る事が出来る様になります。

 

では、実際にどのような方法をすればいいのかと言いますと、下記に一例を出しておきます。

 

@座った状態で目を閉じる。

 

A呼吸に意識を持ってくる。

 

B意識的に呼吸をするのではなく、自然に起こる呼吸を意識する事が大切です。

 

Cその時には呼吸を意識する以外の事は一切考え無ない。

 

D暫くその状態を維持したら、まぶたの裏に意識を持って来てゆっくり目を開ける。

 

上記の様な方法を定期的に繰り返す事によって次第に深い瞑想に事が楽になり、ストレスを解消する事が出来る様になります。

 

方法はなんでも良く、仕事中なら定期的にアラームをセットして、アラームが鳴ると数分ぐらい何も考えない状態を作ってその後又作業を初めてを繰り返したりする事でも出来る様になります。

 

エチラーム

 

マインドフルネスはかなりの有効性が知られており、これをする事でキラーストレスから逃げる事が可能になります。
※キラーストレスとは、実際に体に症状がでてしまい病気になってしまうようなストレスをいいます。

 

マインドフルネスの前にエチラームを使用しますと、さらに深い瞑想の世界に入りやすくなります。

 

 

不安の原因

 

不安を作る元になるものはいくつもあります。

 

不安の解消法@思い切って泣いてみる

 

人は不安になった時に思い切って愚かな自分に対して泣いて見る事で、かなり気持ちが楽になる事があります。
泣くと言う行為は、感情をむき出しにして思い切って発散する事で新たな自分を作る事ができます。
諦めが出来てくることになり、不安から脱却できる可能性があります。

 

不安の解消法Aそれ以上先のことは考えない

 

不安の原因になる事に将来の不安があります。ですがいくら将来の不安をかんがいえていても実際は将来になってみませんと分かりません。
今そのことでくよくよするよりも今できる事に集中する事が良い未来を拓く可能性があるのですから、考えるより実行という感覚です。

 

不安の解消法B生活習慣と食事を基本的の見直す

 

生活習慣や食事が乱れていますとそれが原因でやはり精神的な部分でどうしても弱い状態を作ってしまいます。
人間の体は、食べたもので出来ていますので、何を食べたかによって体の発育が大きく変化します。
やはり乱れた食事は体をダメにするだけでなく精神面でもやはり弱い状態を作ってしまいます。

 

エチラーム

 

不安の解消法C身の回りを整理整頓をする

 

自分の部屋が綺麗になっている人はやはり普段から規則的な生活をしていて、本来ある場所にそのものを返す習慣が付いています。
一方、整理整頓が出来ていない人は普段の生活自体も整理整頓が出来ていない事が多く乱れた生活を送っています。
ですので、一度身の回りをきちんと整理する事で、体のリセットを行う事ができます。

 

不安の解消法D自然や動物と触れ合う

 

普段の混沌とした生活にはやはり余裕がありません。ですが大自然の中にいますと、空気もおいしく体にとってもとても癒される事が感じた経験がある人が多いでしょう。
又動物と触れ合う事は同様に人の心を癒してくれます。
少し偏見になってしまうかもしれませんが、子供が出来ない家庭の人はだいたいペットを飼っています。
又、子供が独立してしまい身近にいない人も同様にペットを飼っているケースが多いです。
体が疲れた時などには、自然を満喫したり、動物と触れ合う事をしてみましょう。

 

上記の様にいろんな方法がありますが、ここには出て来なくても自分はこれがとても好きだと思う事があったらそれをする事で、不安の原因を取る事ができます。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ