エチラーム

エチラーム個人輸入

エチラーム個人輸入

 

デパスのジェネリックで頻繁に使用されているものにエチラームがあります。

 

日本にもたくさんのデパスのジェネリック医薬品はありますが、値段的には世界中で多くの方に使用されているエチラームがお安い状況です。

 

医薬品は日本では医者の処方箋がありませんと使用する事ができません。

 

ですので当然ネットで処方箋無しでお薬を販売する事は薬事法の規定に反する事になります。

 

特に海外ではたくさんの日本ではまだ未承認に薬品が多く存在しており、これらをネットを通じて不特定多数の方に販売する事は薬事法68条で規制されています。

 

ですが、医薬品の個人輸入に関しては個人の利用範疇であれば「処方せん医薬品・未承認医薬品の個人輸入」は合法です。

 

海外で販売している医薬品を購入する事は、購入者個人の責任において個人輸入したい医薬品・製品について『効能効果・副作用・注意事項』をよく理解した上で必要な量を購入する事ができます。

 

当然ながら個人輸入したお薬を他人に販売したり、譲る事は薬事法で禁じられていますので、ご本人様が必要な量に限って個人輸入が可能です。

 

これらの事を良く理解した上で、個人輸入を代行していくれる業者を利用しておくすりを購入する事ができます。

 

また個人輸入したお薬での副作用などの問題は日本の法律では救済を一切してくれませんので、全て自己責任である点も良く理解した上で個人輸入を使用するようにしましょう。

 

上記の事がくすりを個人輸入するにあたって良く理解しておかなければいけない事です。

 

ここまで読みますと何となく怖いと思ってしまう人がいると思いますが、個人輸入した薬が原因で問題になったと言う話は聞いた事がありません。

 

実際そのような被害を訴える事件も起きていません。

 

ですが、薬の個人輸入を代行している業者によっては、偽物を販売しているところがある事は事実です。

 

そのような業者から買わない様にある程度の知識を付けておきましょう。

 

・クレジット決済ができない。
・異常に安い。
・運営会社の情報が無い。

 

最低でも上記の3点はクリアーしている業者を選ぶことが大切です。

 

実際に購入して心配でしたら、医者に診てもらえばすぐに分かります。

 

個人輸入を上手に使用しますと、かなりのコスト削減ができますので自己責任になる事を良く理解した上で使ってみましょう!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ