エチラーム

デパス依存

デパス依存

 

デパスは抗不安剤としては強めのお薬になります。

 

また薬の効き目の持続時間が短い(訳6時間)ので、逆に言いますと即効性があります。

 

通常の抗不安剤は30日までしか処方できませんが、デパスは90日まで処方できますので簡単にたくさんの量をもらう事ができます。

 

〜依存と言いますと、その対象になる物質が無くなると何か不安になって止める事が出来なくなる状態を言います。

 

アルコール依存などは、体内からアルコールの濃度が下がるとどうしてもアルコールを飲まないといられない状態になります。

 

依存性の高いものとしては下記のような条件になります。

 

・効果が強いほど依存が強い
・薬の効果時間が短いほど依存しやすい
・服薬期間が長いほど依存しやすい
・服薬している量が多いほど依存しやすい

 

上記を見て頂ければ、依存しないようにする方法が分かります。

 

・効果の弱いものから始める
・効き目の長いものに変える
・なるべく短い期間の服用に抑える
・少ない量から始める

 

と言う感じです。

 

デパスは依存性の高いお薬ですので、そのことを良く理解しながら使用するようにしましょう。

 

ですが、医者が続けなさいと言っている場合に勝手に薬の量を変えたり服用を少なくする事は依存とは全く関係の無い話ですので、処方箋の通りに服用しましょう。

 

依存したくないからと医者の言っている量を自分で調整してしまいますと、治るものも治りません。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ